mementolistデジタル遺品一覧

digital memento list主なデジタル遺品の種類

デジタル社会となった今の時代、様々なデジタル機器が私たちの身の周りを支配しています。デジタル社会は私たちの暮らしを豊かにしてくれていますが、その反面、機会が壊れてしまうと動かなくなってしまう、データがすべて消えてしまう、データが漏洩してしまうなどのトラブルもあるのが現状です。マレリークでは、様々なデータを抱えるデジタル機器を診断し、故人やご遺族の個人情報の漏洩を守り、様々なトラブルを回避してデータを救出し、ご遺族と共に故人が使用していたデジタル機器の最後を見届けさせて頂きます。

整理しなければトラブルにも繋がりかねないデジタル遺品整理

マレリークで最重要視しているデジタル遺品は「スマートフォン」です。今の時点ではもちろんパソコンなども重要なデジタル遺品ですが、これからの普及率や様々なスマホサービスを見ていくと、殆どのやり取りはスマートフォン内でできてしまうのです。また、高齢化社会の中でもスマホの普及率は伸び、いわゆる「ガラケー」と言われる携帯電話が無くなる時代が来るのではとも言われています。人々のデータはそのスマホ内に残っていますが、いわゆる「ゴミ箱」に入れて消したとしても、記憶装置の中では残り続けます。これらのデータの悪用や流出を完全に防ぐため、論理消去、あるいは物理消去等もさせて頂いております。また、生前に使用していたブログなどは、使用していないアカウントを探し出し、「乗っ取り」され、不適切な販売サイトになってた等の報告もございます。その他、株券の電子化やFXと呼ばれる外国為替証拠金取引など、そのままにしておくと大変な損害になってしまうという事例や、スマホ・PC内に記憶されているクレジットカード情報から、カード番号を読み取られ悪用されたりといったケースも御座います。マレリークは様々なデジタル遺品のトラブルからご遺族を守り、安心、安全なデジタル遺品の取り扱いをご提案させて頂きます。

staff

digital mement mapデジタル遺品マップ

  • オンライン上の遺品

    • FX口座アカウント
    • SNS
    • ブログ
    • ホームページ(サーバー費用)等
    • オンラインサービス会員(日経オンライン)(Yahoo!)等
  • パソコン内の遺品

    • 写真データ
    • メールデータ
    • 日記
    • 機密情報
    • 知人等のアドレス
    • Excel・Word等で作成された重要な資料
    • クレジットカード情報
  • デジタル機器内の遺品

    • ハードディスク内のデータ
    • デジカメ内の写真データ
    • ビデオカメラ内のデータ
    • iPodなどオーディオ内データ
  • スマホ・携帯電話内の遺品

    • 写真データ
    • メールデータ
    • 日記
    • 機密情報
    • 知人等のアドレス
    • アプリ内でのデータ(課金サービス調査)(重要データ抽出)
    • クレジットカード情報

riskデジタル遺品整理を無視した場合のリスク

  • 遺品の中にパソコンが有ったので、初期化してリサイクルショップに売りに行った・・・

    パソコンを手放すときは必ずハードディスクのデータを消去しなければなりません。ただ、リカバリーディスクで出荷状態に戻すだけではハードディスク内にデータが残っている可能性が有ります。方法としましては
    1.ハードディスクを分解し、ディスクを物理的に破壊する。
    2.ハードディスクに何度もダミーのデータを上書きして、元のデータを復元できない状態にする。
    3.データ消去ソフトを使う
    という方法しかありません。リサイクルショップさんがどのような販売経由を取るのか不明ですのですので、そのままの状態で売ってしまうという事は、何のデータが残っているか分からない状態ですので、高いリスクにつながります。

  • 亡くなった叔父が最新のスマホを使っていたが、ロックが分からないので、どうしていいか分からないので、そのままの状態でオークションで売ってしまった・・・

    マレリークでは、スマホのデジタル遺品整理を最重要視しています。スマートフォンのロックナンバーが分からないからそのまま処分するという事をよく聞きます。そのスマホの中には、故人様の膨大なデータが残っているのです。デジタル犯罪が横行している今の時代に、そのままの状態で捨てる、売るなんてことは絶対にしてはいけません。もっとデジタル犯罪を認識する必要があります。オークションなどはデジタル犯罪を目的とした人が購入するなんて事もあるのです。その他、クレジット情報が読み取られて悪用されるといった被害もございます。この行為は最大のリスクと考えなければなりません。

  • 壊れたデジタルカメラ等が有ったので、まとめてリサイクルショップに引き取ってもらった・・・

    デジタルカメラの保存方法は様々ですが、内部メモリ内にデータが残っている可能性が御座います。SDカードに保存されている場合はSDカードを取り出しましょう。故人様が生前に残した思い出の写真や動画、人には見られたくない画像等が入っている場合が御座いますので、なるべくデータは消してから引き取ってもらう用意した方が良いでしょう。比較的にリスクは低いですが、画像流出なんてことも御座いますので、注意が必要です。

  • DVDレコーダーと外付けのハードディスクみたいな物を粗大ゴミと一緒に処分してしまいました・・・

    DVDレコーダー内にもHDDが入っているものが御座います。大体はテレビの録画などが入っているだけですが、外付けのHDDはDVDはもちろん、PCにも接続して使用が出来る物です。PC内のデータをHDDに保存するという事はよくある事ですので、必ずHDD内を確認してから処分するようにしなければなりません。粗大ゴミと一緒に捨てても、粗大ゴミの行先は不明です。HDDは売買されるケースがありますので、捨ててあるのが発見されると盗まれたり、業者が転売したりもします。比較的リスクが高いですので、そのまま捨てるという行為は注意が必要です。

related contents続けて読みたい関連コンテンツ

ケーススタディーcase study

年末年始休業のお知らせ

                    年末年始休業のお知らせ   デジタル遺品整理のマレリーク   誠に勝手ながら、2017年12月29日~2018年1月4日までお休みとさせて頂きます。   その間、メールでのお問い合 […]

お客様の声user's voice

area対応エリアについて

マレリークは関西は大阪府を中心に、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に対応しています。関東は東京を中心に、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県に対応しています。

関西エリア

大阪府は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

関東エリア

東京都は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

今すぐなら!

現場担当直通ダイヤルへお電話ください

080-5789-7510