voiceケーススタディー

デジタル遺品整理の重要性!SNSは死んだ後どうすればいいの?

SNSソーシャルネットワークの死後管理

あなたの死は友達に伝わるのでしょうか? 死後のアカウントはどうして欲しいですか?

 

誰が伝えてくれるのでしょうか?

 

死後は維持されていくのでしょうか?

 

自分の死後に遺されるSNSソーシャルネットワークはどうすればいい?

 

ソーシャルネットワーク(以下、SNS略)の世界は、今や人間関係をそのままネットの世界に写し取ったような複雑さを呈しています。

 

ほぼ、現実世界の人間関係があればOKな人なら問題はありません。

 

しかし、いろんなアカウントごとに、仮想空間上にもそれぞれの人間関係が発生していて、それが大切だと思う人にとっては、死後、自分がSNS上でどうなるのか?というのも生前に考えておきたい問題です。

 

たとえば、とあるバイク・レーサーのブログ。

 

「練習走行に行ってきます!」と書いたまま更新は終わっています。

 

練習走行中の事故でこの世を去られたからです。

 

最後のエントリーには彼のファンや友人からのお悔やみの言葉が何百件も書き込まれています。

 

このブログは、ブログ事業主との契約が終わったら消えてしまっていいのでしょうか?

 

SNS上で毎日会話を交わしつつも、リアルの人間関係がない人もおられます。

 

SNSソーシャルネットワークはどうすればいいの?

 

あなたが突然死んだら、ネット上の人たちはあなたの死を知ることができるのでしょうか?

 

たとえば匿名、もしくはハンドルネームでのコミュニケーションだったら、相手はあなたの死に気付かないかもしれません。

 

SNSを活用している人の中には、ネット上の人たちにも死を伝えて欲しい人もいれば、アカウントや書いた文書を残しておいて欲しい人だっておられます。

 

ですが、そんなものに価値を見出さず、消してしまう人もいます。

 

ネット上の発言を「便所の落書き」と言い切る政治家さんもいるようですが、そうは思いません。

 

想いと想いで繋がっていくSNSはことによったらリアルの友人関係より密で濃厚かもしれません。

 

そんなSNS上の人たちに、あなたの死は伝わるのでしょうか?

 

伝わるとしたらどんなカタチで伝わるのでしょうか?

 

死んだ時にブログにその旨、誰かが書き込んでくれるのでしょうか?

 

検索したらいつまでも自分の名前や、書いた記事は表示されるのでしょうか?

 

浮き世での命が尽きたとしても、ある意味インターネットの世界では、永遠に存在することができるのでしょうか?

 

誰かが死後もいろんなサイトやSNSを管理してくれるといいのですが、やはり徐々に時が経つと消えていくことになるのでしょうか・・・?

 

SNSの死後管理はどうすればいい?

 

SNSやブログ、どう伝えますか?どう運営しますか?

 

SNSやブログ、死んだあとはどうなるのでしょう?

 

管理人のいない庭園のように荒れ果てていくのでしょうか?

 

連絡について・・・死んだ事をアップしてもらう人を決めておきますか?

 

アカウントについて・・・アカウントをどうするか、決めておきますか?

 

SNSやブログ、どう伝える?どう運営する?

area対応エリアについて

マレリークは関西は大阪府を中心に、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に対応しています。関東は東京を中心に、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県に対応しています。

関西エリア

大阪府は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

関東エリア

東京都は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

今すぐなら!

現場担当直通ダイヤルへお電話ください

080-5789-7510