voiceケーススタディー

1年間アクセスがなければ自動停止される?デジタル生前整理のデータ編<Microsoft>

1年間アクセスがなければ自動でサービスを停止してくれる・・・ デジタル生前整理のデータ編<Microsoft マイクロソフト>~

Microsoftに「親族プロセス」を請求できても手続きは面倒です。

 

Windows(ウィンドウズ)のオンラインサービスのほとんどは、Microsoft(マイクロソフト)アカウントにひも付けられています。

 

連絡先データは「親族プロセス」で請求できます

 

Windows10ユーザーにとって必須のMicrosoftアカウント。

 

WindowsやSkype(スカイプ)など各種サービスのログイン時に使用するほか、メールやカレンダーなどの情報にひも付けされ、一元管理されております。

 

Microsoftでは基本的に、遺族へのアカウントの開示は認めておらず、サービスごとでアカウントの停止や開示の条件などが異なります。

 

長期間の利用がなければ、自動的にアカウントが停止されますが、Microsoftアカウントは5年、Outlook.com(アウトルックドットコム)とOneDrive(ワンドライブ)の利用はそれぞれ1年のタイムアウト期間が設けられています。

 

Outlook.comについては、家族が亡くなった時や病気で動けなくなった際に、メールの内容やアドレス帳などをユーザーの親族に開示したり、

 

アカウントを停止させたりする「親族プロセス」が提供されております。

 

ただし、アカウントの所有権が譲られるわけではありませんので、本人の代わりにメールに返信して訃報や入院を知らせるといったことはできません。

 

親族プロセスの申請には、ユーザーの死亡のほか、体が不自由になっていることを証明する書類、血縁関係の証明書などをすべて英文で提出する必要がございます。

 

審査が通れば、メールや添付ファイル、アドレス帳などを収録したデータDVDを送付してもらうことができます。

 

OneDriveに保存されたデータは、家族が取り出すことはできません。

 

アプリを使うとパソコンのローカルドライブと同期できるので、家族に残したいデータは、定期的にダウンロードして別のメディアにバックアップしておくのが確実です。

 

またOffice 365など個別の製品やサービスは、それぞれの窓口に問い合わせる必要がございます。

 

WindowsのオンラインサービスのほとんどはMicrosoftにひも付けられています。

 

Windows10の標準アプリの多くはMicrosoftアカウントで管理されています。

 

WindowsやOffice、メール、オンラインストレージ、チャット、ゲーム、アプリ購入など、ひとつのMicrosoftアカウントであらゆるサービスが利用できますが、

 

5年間に1度もMicrosoftアカウントにサインインしなかった場合、アカウントは自動的に停止されます。

 

OneDriveとOutlook.comはそれぞれに1年間で1回以上のサインインが必要です。

 

Outlook.comに残されたコンテンツはDVDで送付してもらうことも可能です。

 

しかし、申請には死亡診断書のコピーや申請者の証明書などの提出が必要になります。

 

なお、問い合わせから3営業日以内に返信はございます。

 

また、Microsoftアカウントは、Windows10のサインインのほか、様々なオンラインサービスの利用などにも使われるため、Microsoftアカウントに関連付けられた代金の残りやギフトカード、サブスクリプションが残っている場合がございます。

 

金銭に関わるものは相続の対象になるので、窓口へ問い合わせれば返金してもらえる可能性があります。

 

Microsoftアカウントで子供のアカウントを管理している場合には、別の保護者のアカウントから許可が出るまでは、Xbox 360やパソコンが利用できなくなります。

 

◎OneDrive・・・

15GBまで無料のクラウドストレージ。

パソコンのドキュメントファイルと同期させておくと、どこからでもアクセスすることができ、バックアップにもなるので便利です。

月150円の有料版は50GBにアップグレード可能です。

Office 365 soloを購入すると容量は1TBに増量します。

 

◎Outlook・・・

Microsoftの無料のメールサービスです。

複数のメールアカウンを登録し、WebブラウザーやiOS/Android版アプリで、メールや連絡先、カレンダーなどを管理できます。

Outlook.comのメールら連絡先などのデータは、親族プロセスの対象となります。

 

◎カレンダー・・・

Microsoftアカウントが削除されると、カレンダーのデータも消えます。

カレンダーをほかのユーザーと共有している場合は、相手のカレンダーからも予定が消えてしまう可能性があります。

必要なスケジュールはエクスポートしておいたほうがいいでしょう。

 

◎Skype(スカイプ)・・・

Microsoftアカウントと従来のSkypeアカウントのどちらでも利用できます。

Skypeアカウントを利用している場合、Microsoftアカウントの停止後も、Skypeアカウントは残ったままになりますので要注意です。

不正利用を防ぐためSkypeアカウントの停止も忘れないようにしなくてはいけません。

 

Windows10の標準アプリの多くはMicrosoftアカウントで管理されています

 

◆Microsoftのポイント◆

 

① Outlookは親族プロセスでメールなどを受け取れます。

 

② 必要書類はすべて英語で提出しなければなりません。

 

③ OneDriveやOfficeオンラインは親族プロセスの対象外です。

 

Microsoftアカウント管理ポイント

area対応エリアについて

マレリークは関西は大阪府を中心に、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に対応しています。関東は東京を中心に、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県に対応しています。

関西エリア

大阪府は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

関東エリア

東京都は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

今すぐなら!

現場担当直通ダイヤルへお電話ください

080-5789-7510