voiceケーススタディー

デジタル生前整理のデータ編|Apple IDでダウンロードしたアプリや音楽はどうなるの?

ダウンロード済みのコンテンツは継続して使えるの? デジタル生前整理のデータ編~<App Store & Apple Music>

ファミリー共有の管理者が亡くなった場合、

 

家族が購入やダウンロードをしたアプリや音楽、

 

定期購読サービスは引き続き使えるのでしょうか・・・?

 

そのまま使えても、再度ダウンロードすることは不可能なのです。

 

AppStore(アップルストア)やiTunes Store(アイチューンズストア)での買い物やダウンロードは、

 

有料や無料に関わらず、すべてApple IDで管理されております。

 

iPadを家族でシェアしているなど、ひとつのApple IDを共有しているケースもございますが、

 

基本的にはApple IDの共有は禁止されています。

 

ユーザーが亡くなった場合、Apple IDの譲渡はできません。

 

自動的にアカウントが消滅することはなく、遺族が死亡を証明する書類を提出するとアカウントが削除されます。

 

問題は、家族でファミリー共有している場合です。

 

ファミリー共有の管理者が亡くなり、管理者のアカウントが停止すると、グループは解散になります。

 

共有していたiCloud(アイクラウド)上の写真や、

 

管理者が定期購読料を支払っていたApple Musicなどの配信サービスは、利用できなくなってしまいます。

 

ただし、管理者のカードで購入したアプリや音楽でも、すでにデバイスにダウンロードしたものは、

 

引き続き利用が可能です。

 

しかし、端末の変更やアップデートなどで再度ダウンロードする場合は、

 

改めて別のアカウントでログインし、新たに購入やダウンロードをする必要がございます。

 

また、13歳未満のApple IDは管理者(保護者)がいなければ利用することはできません。

 

子供のアカウントをいったん削除したあと再登録することもできますが、

 

メールアドレスが変わってしまうことは不便ですよね。

 

ほかの家族のアカウントで新しいファミリー共有グループに改めて登録すれば、

 

引き続き同じアカウントを利用することができます。

 

ファミリー共有の管理者が亡くなると、グループは解散になります

 

定額制音楽配信サービスApple Musicは、Apple IDが停止されると自動的に解約になります。

 

Apple MusicはApple IDが停止されることにより、自動的に解約となりますが、

 

支払い済みの利用期間が終了するまでは聞き放題サービスが利用できます。

 

iTunesでダウンロード購入した楽曲は、データを消さない限り引き続き聞き続けられます

 

◆『App Store・Apple Music』のポイント◆

 

① アカウント停止後も購入したコンテンツは残ります。

 

② 家族の共有アイテムも引き続き使えます。

 

③ アップデート時などは購入し直す必要がございます。

 

◆『App Store・Apple Music』のポイント◆

area対応エリアについて

マレリークは関西は大阪府を中心に、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に対応しています。関東は東京を中心に、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県に対応しています。

関西エリア

大阪府は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

関東エリア

東京都は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

今すぐなら!

現場担当直通ダイヤルへお電話ください

080-5789-7510