voiceケーススタディー

デジタル生前整理のデータ編|Googleアカウントの無効化で定期購読の支払いは停止できる

アカウントを無効にすれば、定期購読の支払いもストップされる。 ~デジタル生前整理のデータ編<Google Play & Google Play Music>

Googleアカウントを無効にすると、

 

Google Playでの購入やダウンロード、

 

定期購読配信サービスの利用もまとめて停止できます。

 

基本的にGoogleアカウントの承継はできません。保存データも無効になります。

 

Googleアカウントの管理はとてもシンプルです。

 

同社が提供するすべての製品やサービスはGoogleアカウントで一元管理しています。

 

Google Playのアプリやゲーム、映画や音楽、書籍といったコンテンツの購入、

 

ダウンロード履歴はGoogleアカウントにひも付けされています。

 

デジタル生前整理のデータ編〈Google〉でもご案内したとおり、亡くなったユーザーのGoogleアカウントは、

 

アカウント無効化管理ツールによって死去後にアカウントを削除するように設定した場合、

 

Android端末や、Google Playなどアカウントを登録しているサービス、

 

登録していたアプリやゲームのユーザー情報や保存データなどもすべて無効にすることができます。

 

また、基本的にGoogleでは、家族がアプリやサービスを受け継ぐことを許可していません。

 

定期購読サービスの継続中であっても、代金の払い戻しや家族のアカウントでの購読引き継ぎはできません。

 

Googleアカウントが削除されると、3,500万曲が聴き放題になる定額音楽配信サービス、

 

『Google Play Music』の利用も停止されることになります。

 

アカウントが無効になると、アップロードした自分の楽曲にもアクセスできなくなりますので注意が必要です。

 

これらのダウンロード済みのアプリが消えることはありませんが、アップデートすることはできません。

 

しかし、Googleアカウントを無効化すれば情報が一括削除され、第三者の不正利用が防げます。

 

アメリカやイギリス、カナダなどの国では、家族用の支払い方法や家族プランなどが提供されており

 

近いうちに日本でも同様の家族グループ機能サービスが始まる予定です。

 

家族グループに入っている場合、代表のアカウントが無効になると、

 

メンバーは家族向けのサービスを利用できなくなります。

 

ただし、代表者が家族メンバーに代わって支払い済みのアプリやコンテンツは、引き続き利用が可能です。

 

Googleアカウントが削除されると、Google PlayやGoogle Play Musicの利用も停止されることになります

 

◆『Google Play & Google Play Music』のポイント◆

 

① アカウント無効化管理ツールでアカウントの停止を設定することができます。

 

② アカウント停止後は使えないコンテンツもございます。

 

③ 定期課金のサービス契約もストップされます。

 

◆『Google Play & Google Play Music』のポイント◆

area対応エリアについて

マレリークは関西は大阪府を中心に、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に対応しています。関東は東京を中心に、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県に対応しています。

関西エリア

大阪府は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

関東エリア

東京都は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

今すぐなら!

現場担当直通ダイヤルへお電話ください

080-5789-7510