voiceケーススタディー

デジタル生前整理のデータ編|クラウドサービスはファイル共有しておこう!

遺族のアクセスは困難・・・万一に備えてファイルを共有しましょう! デジタル生前整理のデータ編〈DropBox〉~

対策をしていない状態だと非常に面倒なクラウドサービス

 

クラウドストレージは、セキュリティとプライバシー重視です。

 

データ公開の申請手続きは難しいので、家族に残したいデータは、共有機能を活用するのが確実かもしれません。

 

代表的なクラウドストレージのひとつ、DropBox(ドロップボックス)。

 

仕事のデータのやりとりや、バックアップ、画像の保管などに使っている人も多いかと思われます。

 

同社によると、ユーザーが死亡した後の特別な管理機能は用意されておりません。

 

ただし、残された家族に対してのアクセス権限は禁止されておらず、生前にユーザーから許可されていれば、死後でもフォルダにアクセスすることは問題ないとしています。

 

つまり、アカウントのパスワードを知っていればデータを取り出すことができます

 

有料プランの場合は自動更新で料金が引き落とされ続けるので、必要がなければ解約するか、ダウングレードの手続きをしましょう。

 

※ネット上における利用料金などの自動引き落としによる危険性に関してはこちらをご参照下さい。

そのままにしておくと、お金が引き落としされ続ける? デジタル遺品整理の重要性~

 

一方で、アクセス権限がない場合はとても面倒なことになります。

 

DropBoxでは、故人のアカウント内にあるデータへのアクセスを希望するリクエストは受け付けているものの、故人のプライバシー権限の尊重に配慮する」として、その申請には手間も、時間もかかるようです。

 

具体的には死亡証明書などの公的な書類や故人との関係を証明する書類などを用意し、サンフランシスコにある同社オフィスまで郵送しなければなりません。

 

その申請書類を同社で審査します。

 

リクエストの進行状況はメールで教えてくれるようですが、却下される場合もございます。

 

また、仕事に利用している場合は、アカウントを家族とシェアするわけにはいきません。

 

この機会に家族共有のアカウントを別につくるなどの対策をして、残したいファイルを共有しておきませんか?

 

DropBox家族共有のアカウントをつくっておくと安心

 

死後もユーザーのプライバシーを尊重してくれるDropBox

 

DropBox(ドロップボックス)は見られては困るデータの保存に安心して利用できます。

 

しかしながら、家族であっても、ひとつのアカウントだけを共有するのはお勧めできません。

 

万が一に備えて、家族や関係先と個別にフォルダやファイルを共有しておくのが安心です。

 

また、相手がDropBoxユーザーでなくても、リンク先のURLを伝えればデータをダウンロードすることができます。

 

家族や関係先とフォルダやファイルを共有しておくのが安心

 

◆DropBoxのポイント◆

 

① 故人のデータへのアクセス権限を渡しておくことがベターです。

 

② リクエストするとファイルにアクセスできる場合もございます。

 

③ 審査はありますが、家族がアカウントを請求することが可能です。

 

個人データのアクセス権限を家族へ渡しておくことがベター

 

◆その他、クラウドサービスのご紹介◆

 

ユーザーが亡くなった場合、データの漏えいやアカウントの不正利用を防ぐために、

 

速やかにアカウントを停止するべきです。

 

ユーザーが死んだ場合、データの漏えいや不正利用を防ぐためにアカウントはすぐ停止しましょう

 

ほとんどのクラウドサービスは、一定期間の利用がないか、死亡証明書などの提出により、アカウントの停止やデータの削除をしてもらうことができます。

 

ただし、故人のプライバシーが優先されるため、保存されているデータに家族がアクセス権を請求するのは、一般的に困難のようです。

 

アカウントを停止すれば、保存されていたデータも削除されてしまいます。

 

家族写真などのデータを残すには、専用のフォルダを用意して、あらかじめ家族と共有していつでもアクセスできるようにしておくか、もしくは、パソコンやローカルのストレージに保存するのか確実な方法です。

 

◎iCloud(アイクラウド)・・・

iOSやMac、iPhoneやiPadユーザーは、誰しも写真やメール、連絡先などがiCloudにバックアップされています。

利用規約によりますと、アカウントやデータの譲渡はできず、死亡証明書を提出すると、データはすべて削除されてしまいます。

なお、180日間、デバイスからiCloudにアクセスがなければ、バックアップは削除されます。

家族の写真など残しておきたいデータは、ファミリー共有でシェアしておきましょう。

 

◎Box(ボックス)・・・

大容量で堅牢なクラウドストレージとしてビジネス利用が多いBox。

無料プランの場合、120日間の利用がなければ、アカウントは自動的に削除されます。

万が一に備えて、業務上のファイルは共有しておきましょう。

フォルダを共有している場合、所有者のアカウントが失効するとデータが削除されてしまう恐れがあります。

入院などで利用できなくなった際は、コラボレーション機能で所有者をほかの人へ変更することができます。

 

クラウドサービスのご紹介

area対応エリアについて

マレリークは関西は大阪府を中心に、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に対応しています。関東は東京を中心に、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県、神奈川県、群馬県に対応しています。

関西エリア

大阪府は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

関東エリア

東京都は緊急対応しています。孤独死や遺品整理、特殊清掃等、緊急のお困りごとにサポートします。遺品整理の価格、対応面は満足度100%アップを目指しています。ご遺族の方のお役に立てますよう遺品整理マレリークは24時間体制でサポートいたします。

今すぐなら!

現場担当直通ダイヤルへお電話ください

080-5789-7510